製品として

製品概要

注文数量(ロット)について
ご注文については、1個からお受けします
最大数量につきましては、当社担当者と打ち合わせ下さい

製品お問い合わせについて

生産する上でのポイント!!
 形状・サイズ : お客様のご希望寸法をご提案ください
 精度     : 寸法、形状、姿勢、表面粗さ精度をご提案ください
 使用環境   : ご使用温度、雰囲気等をご提案いただければ、材料の選定をいたします     

お問い合わせから出荷までの流れ 

  1.お客様からのお問い合わせ
  2.注文製品の打合せ
    納期・数量・納入仕様等
  3.お客様からのご注文書発行
  4.生産開始
      1)原料調合
      2)成形
      3)素地加工
      4)焼成
      5)仕上げ加工
      6)洗浄
      7)検査
      8)梱包
      9)出荷

大型パーツ

長年培った大型品製造技術とファインセラミックス事業で実績のある超精密微細加工技術をベースに高精度大型セラミックス加工部品を供給しております

[特 徴]

  • 軽量
  • 高剛性
  • 高耐食性
  • 低熱膨張率

1.セラミックス材料と品質特性
高精度大型セラミックスパーツには、コスト適応性の高いアルミナセラミックスを中心に採用頂いております
アルミナ純度として94~99.8%クラスの材料を取り揃えております

またアルミナセラミックス以外にもサイアロン系ジルコニア系セラミックスも一部採用頂いております

 ※各種品質特性につきましては、別項の材料特性表を参照ください

2.アルミナセラミックスの製作可能最大サイズ

 ・長さ ≒ 1900mm
 ・幅  ≒   230mm
 ・肉厚 ≒   120mm

3mを超えるセラミックスも製作可能です

3.可能寸法精度
 寸法、形状および機械加工の度合い等により異なります
 寸法精度面の目安値を下記に示します
  ・未研削の場合(寸法値)±1%程度
  ・一般的なダイヤモンド研削加工の場合、JIS B 0405 中級公差に準じます
特別に精密加工を必要とする場合、寸法、形状等により変化致しますが、代表的な形状の製品例を下記に示します

大型プレート

  1,000L×700W×30t mm
    平面度 0.01
    平行度 0.01

大型フレーム

   800L×600W×30t mm
     平面度 0.01
     平行度 0.01
     表面粗さ 0.2μmRa

長尺バー

  1,100L×100W×100H mm
     平面度 0.002
     平行度 0.002
     直角度 0.002

ディスク

   Φ400×25t mm
     平面度 0.001(1面:平面仕上)
     平面度 0.003(2面:凸形状仕上)
     平行度 0.001 
     表面粗さ 0.05μmRa

リンク

  Φ360/Φ300×150H mm
     真円度 0.005
     円筒度 0.005
     同心度 0.005

  更に高精度精密加工が必要な場合につきましてはご相談に応じます

4.用途
・高精度、耐摩耗パーツへの適用
高強度、高剛性および高硬度特性を利用して、高精度で、安定した運動、動作が要求される、X-Yステージ等 摺動運動下での耐摩耗、低発塵性パーツとして適用されています

 ・各種ステージ用ベース基板
 ・各種X-Yステージ等の摺動レール
 ・2″~12″各サイズでのシリコンウエハ用回転テーブル

・環境商品への適用
各種製造プロセスで使用した、排ガス処理装置用セラミックスパーツとして適用されています
洗浄プロセスでは薬液から機能水への採用が高まり、オゾナイザー用セラミックスパーツとして適用されています

4-(2) その他の材料
サイアロン系セラミックス
高温条件下での耐歪、耐摩耗、耐付着特性からボンディングステージ等に適用されています

5.焼成体の加工応用例
お客様の要求に応じて、ダイヤモンド工具にて各種研削、研磨加工致します

  ・各種平面加工、形状加工(~3000L mm)
  ・各種穴加工、座繰り加工
  ・各種ネジ加工
     (M2~:並目、細目、管用等)
  ・各種溝加工
  ・各種ラップ加工
     (材料特性により表面粗さは変化)
  ・各種ブラスト処理
     (投射材:高純度アルミナ)

6.アセンブリ例
 ご用命によりメタルパーツとのアセンブリも致します
 セラミックスパーツの直接接触が不可な場合の適用として下記を推奨致します
    ・テフロンブッシュ圧入
    ・テフロンシート接着(両面テープ)
    ・テフロンコーティング 等

ネジの信頼性、強度増加への適用として下記を推奨致します

ヘリサート挿入
金属ブッシュ接着

真 球

独自のファインセラミックス焼結体製造技術及び精密加工技術をもとに開発した各種材質・サイズの高精度・超精密セラミックス球を取り揃えております

[特 徴]
・軽い
・硬い
・高剛性
・低熱膨張率
・高耐食性

確かな製品をお届けするため、当社では、
 ・高精度真円度測定機 (回転精度 = ±0.013μm)
 ・高精度電子測長機 (繰り返し精度 = 0.01μm)
等により厳しい品質チェックを行っています

— セラミックス球の精度 —
等級 形状精度 区分けの精度
直径不同(最大) 真球度(最大) ロットの直径の相互差(最大)
μm μinch μm μinch μm μinch
3 0.08 3 0.08 3 0.13 5
5 0.13 5 0.13 5 0.25 10
10 0.25 10 0.25 10 0.5 20
16 0.4 16 0.4 16 0.8 32
20 0.5 20 0.5 20 1 40
28 0.7 28 0.7 28 1.4 56
40 1 40 1 40 2 80
60 1.5 60 1.5 60 3 120
100 2.5 100 2.5 100 5 200
200 5 200 5 200 10 400

  上表はJIS B1501(玉軸受用鋼球)及びANSI/AFBMA(鋼球)に準拠

◎ガラス球も扱っています
 光通信のレンズ等に使用されるガラス球についても加工をしており、その実績を高く評価して頂いています

  • 硝 種 : BK7,SK8
          軟質ガラスでも実績を積んでいます
  • サイズ : Φ0.5~5mmの実績があります
          小径にも対応致します
  • 精 度 : 標準寸法公差±0.005mm
          真球度0.002mm

 ◎オールセラミックス製ボールベアリングもできます!!

高精度セオールセラミックス製ボールベアリング製品例ラミックス球と、構造用ファインセラミックスの製造技術を生かして、オールセラミックス製ボールベアリングを製作しています

材質・サイズにつきましては、ご相談に応じて設計致します


耐熱・耐食部材

窒化珪素、サイアロン、ジルコニアをベースにボロンナイトライド(BN)等との複合化や組織の改善により、耐熱衝撃性と耐熱性、鉄・非鉄金属等溶融金属に対する耐食性を付与したセラミックス部材です

[応用例]

1.ブレークリング
銅・黄銅の水平連続鋳造の重要な接続部品であるブレークリングには、優れた材料特性と形状精度が要求されます
当社は、種々の窒化硼素複合サイアロン/窒化珪素を開発し、ユーザーの期待に応えています  

(特徴)

  • 高温安定性、耐食性、耐熱衝撃性
  • 操業の安定化

2.セラミックスバーナーパーツ
バーナー先端部のノズル、保炎筒にセラミックスを使用したもので、超高温トンネルキルン焼鈍炉等各種窯炉に使用されます
当社は、窒化珪素系複合材料を開発し、各種形状のパーツを提供しています

(特徴)

  • 耐熱性、耐食性、耐熱衝撃性
  • 超高温の確保が容易
  • 冷却水不用のため省エネで安全

3.ジルコニア断熱材や溶湯ノズル
構造用セラミックスの中でも耐食性に優れ、熱伝導率が小さいのはジルコニア材料です
ジルコニアには、安定化剤の種類と量により各種の材料がございますが、当社ではセラミックスの中でも、チタン酸アルミニウム等に匹敵する低熱伝導率(1W/mK)特性を有した材料を開発し、溶湯ノズル及び断熱材等に使用しています

(特徴)

  • 耐熱性、耐食性に優れる
  • 低熱伝導率
  • 耐熱衝撃性に優れる

ダイス・ローラー

セラミックスが持つ、耐熱性や耐摩耗性、金属等との濡れにくさや耐食性を利用したセラミックス部材です

[応用例]

1.非鉄・熱間押し出し用セラミックスダイス
 非鉄金属の熱間押し出し加工は、非鉄金属材料の変形が容易に
 なるよう鋳造ビレットを高温(黄銅700℃、純銅900℃)に加熱し、
 押し出し圧力を加え、ダイスを通して連続的に加工します
 従って、ダイスの材質には厳しい使用条件に耐える材料が要求されます

 当社では、豊富な経験をもとにして、ジルコニアダイスの最適形状
 の設計を行います

(特徴)

  • ライフが飛躍的に延長
  • 押出し製品の寸法安定
  • 押出し製品の表面性状の向上

2.非鉄線材圧延機用セラミックスガイドローラー
 非鉄金属の熱間圧延加工は、2本のロールの間で、金属を連続的
 に圧縮加工する方法であり、この圧延ロールに棒材を送り込む
 ガイドとしてガイドローラーが使用されています

 従来ガイド合金及び熱間工具鋼が使用されていましたが、熱間圧縮の苛酷な条件下
 (銅の場合、温度600度~800℃、通過速度20~1,500m/min)
 では、
  ・高温摩耗によりローラーの寿命が短い
  ・圧延製品に金属粉が混入する
 などの問題がありました

 当社のセラミックスガイドローラーは、ジルコニアセラミックス及び
 α-サイアロンセラミックス(固有特許第1212170号、第1196032号使用)を
 採用、セラミックスの特長である
  ・高耐熱性
  ・高耐摩耗性
  ・高耐溶着性
 を生かし、これらの問題を解消致しました

 セラミックスガイドローラーの実用化をいち早く実現した当社は、
 同じ熱間圧延ラインで用いられるルーパーローラー、ターンダウン
 ローラーについてもセラミックス化を達成し、ガイドローラーとともに
 ご好評を頂いております

 (特徴)

  • 圧延製品の特性向上
  • 飛躍的な長寿命化

ポンプパーツ

アルミナ質を中心に、サイアロン、ジルコニア質など材料特性を生かし、プランジャー、シリンダー、バルブ、ワッシャ等のポンプに使用される各種部品を製作致します

(特徴)

  • 優れた耐摩耗性・耐薬品性
  • 良好な摺動特性

[製作に際して]
・製作可能最大サイズは、外径 = 60mm,長さ = 200mmです
・摺動面の表面粗さ,寸法精度,位置精度のご要望にお応えします
・使用条件を勘案し、当社における最適な材質を推奨致します
・数個の試作から量産に至る、あらゆるニーズに対応致します